NOIN

NOIN

Recruit

#

野崎 友香

Nozaki Yuka
開発部

仕事内容

基本的にノインのアプリ開発を担当しています。

場合によってはWebのフロント周りやAPIを開発したりデータ解析のためのクエリを書いたりなど、自分の出来ることは全部やります。出来ないことも先輩に質問しながら、開発に関することはモリモリやらせていただいています。

アプリ、Web、APIなど業務が多岐に渡るため、手を動かしながら別の作業を進めるにあたって「どう実装しようかな?」「常に滞りがないように準備できることはないかな?」と考えながら作業をしています。

また、Slackで社内の会話を見て、息詰まっていそうな会話や、不具合、不便そうな部分を見つけたらすぐに開発としての意見を提案しています。

社内で滞っていそうな部分がないか、出来るだけ目を配って改善できることを自発的に探すようにしています。開発で解決できることはたくさんあるはずなので、自分が出来ることは気づいてあげて助けてあげたいと日々思っています。

女性エンジニアとしてのキャリア

大学時代は情報工学を専攻していたためHPを作ったり、回路を組んだり、電波を飛ばしたりしていましたね。1社目の会社で入社と同時にスマートフォン事業部が発足され、大学で専攻していた技術とは全く異なりましたがチャレンジしてみよう!と思い新たな分野でのキャリアスタートを決断し、Androidアプリエンジニアとしてのエンジニアキャリアがスタートしました。

当時は世にスマートフォンが普及しアプリ事業が盛り上がり始めた初期の頃だった為、ノウハウが会社にありませんでした。自発的に学習しながらアプリの開発をしていましたが、アプリのUIデザインを作ったりアプリを広めるためのバナー制作、WEBページのコーディングやデザインも担当していました。

2社目でもAndroidアプリエンジニアとして入社しましたがiOSアプリやWEB、API、データ分析などマルチに携わっていました。

3社目がノインです。男性よりは化粧品に触れる機会が多いので、よりユーザーに近い目線で、ユーザーに寄り添った開発が出来ていると思います。
一貫してユーザーが快適にコスメに出会えることを意識しています。
アプリは一番ユーザーが触れる部分だと思っています。一つでも不具合があるとアプリを利用し続けてもらえないかもしれないと思うので、UIを工夫したり快適に使っていただくにはどうしたら良いか、ユーザーに最高の体験をプレゼント出来るよう、日々考え取り組んでいます。

ノインに入社した理由

新しい技術を取り入れることでKPIが上がったり、開発が売上に直結するという考えにとても惹かれました。
安全志向と言うよりは、新たなことにチャレンジをすることが好きなので、成長過程にある環境のノインで開発の険しい山を登ってみたいと思いジョインしました!
また採用面接で、社長が大きな夢を明確に語ってくれたことも印象に残っています。
その夢を叶えるために自分自身が初期メンバーとして加わり、多くのことに貢献しつつ、事業拡大に携わって行けるのでは?というワクワク感がありました。
より良いサービス作りのために、開発側からも提案できることは発信していきたいと考えていて、ノインはディレクターとに密に接してお互いの意見をヒアリングしながら、お互いが納得するまで話が出来るところがとても良いところですね。

社内の雰囲気

開発部はとても和やかなチームです。
ノインの中で年齢層が高く、ベテランが集まっているため他チームと比べて余裕があるように感じています。私はその中でも年齢が一番下ということもあり、先輩方に囲まれながらのびのびとやらせていただいています。仕事上、関わることが少ないチームのメンバーとはランチに誘ったりして距離を縮めています。

ノインの魅力とこれから

ノインの良いところとしては、困難な状況であっても、何かしら笑って乗り越えられているところです!
社員全員がとてもポジティブで、力強さがあるなと入社したときからずっと感じています。
逆に課題は、ノインでの勝ちパターンが見いだせていないことだと思います。今はどんどん新しい機能を実装してリリースしていますが、なかなか振り返ったり効果測定に時間を割くことができておらず、どういう施策を打てば何に響くのかが明確にできていないと思います。

今のノインは、正解が分からないけれども、まずはやってみる!という力強さで突き進んでいます。それはとても良いところではありますが、ゆくゆくは分析や調査をすることで、意図して狙って成果を出していくこともできたら良いなと考えています。そのために、きちんとしたKPIを定めた上で実行し続け、常に成果を上げていきたいです。

これから取り組みたいこと

技術を通じて「楽」を提供していきたいです。
ユーザーだけではなく、ノインに関わる人、全てを楽にしたいと考えています。
社内では困難な業務を楽にしたり、楽しく仕事ができるような面白い機能を実装したりしたいと密かに考えています。
もっとこういう機能があればいいな!や、こういう導線で!など、思い付くことをスピーディーに開発していきたいです。
ユーザーに最高な体験を提供するには、自分自身もがアプリを使いこなしてユーザーの気持ちを体験することが必要不可欠と考えています。
これからもユーザーの気持ちに寄り添いながら、ユーザーになりきって、NOINのコンテンツをより多くの方々に楽しんで見てもらえるようなサービス環境を提供していきたいです。

Contact

ページの先頭へ戻る