NOIN

NOIN

Recruit

#

小川 雅史

Masashi Ogawa
開発部/執行役員 CTO

「No,whyではなくYes,Howで考える」。執行役員 CTO・小川が考えるエンジニアが成長する方法

NOINで働く社員にインタビューを実施!

今回話を聞いたのは、執行役員 CTOを務める小川雅史さん。これまでどのようなキャリアを歩んできたのか、今後のキャリア展望について伺いました。また、絶賛エンジニア採用を強化中のため、どのようなエンジニアがNOINにフィットするかも話してもらいました。

経験を通して自分の強みを意識。0から作ることにチャレンジするためNOINに参画

ーーNOINに入社するまではどのような経歴を歩まれていたのでしょう?

新卒で受託開発をメインに請け負う企業に入社しました。開発に必要な技術はその会社で学ばせてもらったと思います。ですが、続けていくうちに「自社開発をやってみたい」という思いが強くなり、転職を決意しました。

ご縁があり株式会社gumiに転職し、そこでは新しいゲームののリードエンジニアに配属され、いろいろなスキルを持ったエンジニアと多く仕事をする機会に恵まれましたね。

ただ、業務を通して社内の圧倒的にスキルがある人と一緒に仕事をしたとき、「これは自分じゃ及ばないな……」と感じたんです。

しかし、そういった圧倒的スキルを持っているエンジニアと一緒に働く中で、自分はエンジニアと企画側の間に入って、エンジニアが技術的な強みを発揮できるように立ち回るポジションが自分には合っているのではないか?と気づいたんですよね。

 

ーー経験を通して自分の強みに気づかれたんですね。そこからNOINに……?

いえ、あと2社経験しています。

2013年に、STORES.jpを運営するブラケット株式会社(現・ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社)に転職しました。ちょうど株式会社ZOZOに買収されたタイミングだったので、ZOZOと一緒に進める仕事を任せていただきました。

「ZOZOの方と直接話し、内部は自分で作る」という仕事を通して、改めて自分は「さまざまな人と関わってモノづくりを前へ進めていくこと」が得意であり強みだと感じたんです。

その強みに気づけたことで「もっと何もないところから立ち上げに関わりたい」という新しい思いが生まれました。同時に、いいタイミングで最初の会社の同期から「手伝ってほしい」と誘ってもらい、vivit株式会社にてアウトドアメディア「hinata」の立ち上げに携わりました。

そこで弊社の代表である渡部に出会ったんです。彼の考えの面白さとインプットの多さ、そしてインプットから、未来のあるべき姿を論理的に導いていく力に圧倒されたことをよく覚えています。

ある日、先にvivitを退職していた渡部から「会社作ったんだよね。アプリ作りたいんだけど手伝ってくれない?」と言われ、NOINに入ることに決めました。

 

ーー参画を決意した決め手はどういった点だったんですか?

また渡部と働きたいと思ったこと、ピッチの資料を見て「うまくいくしかないだろうな」と感じたこと、0から作ることへのワクワクが大きかったことですね。

CTOとして技術面の意思決定を担当

ーー現在はどのような業務を担当しているんですか?

CTOとして、今後何をやっていくかの方針を決めたり、課題を技術的に解決していくうえでの意思決定を行なったりしています。

とはいえ、具体的にどういった技術を使ってモノづくりを進めていくかは、なるべくエンジニアのみんなに任せたいと思っているんですよね。

 

ーーそれはどうしてでしょう?

僕が0→1の段階でNOINに参画し、自分の技術が生かされていくことにとてもやりがいを感じたので、それをみんなに体験してもらいたいと思っているからです。

僕はその体験をできるようにサポートしていきたいと考えています。

 

ーーでは、自分の技術を使ってサービスが大きくなっていくことに楽しさを感じられているんですね!

そうですね。どうなるかわからないところから作りはじめ、徐々にインストールが増え、仲間も増えてきました。不安は大きいですが、選んだものが正しかったことが数値で証明されていく経験というのは、この規模の会社だからこそ得られる楽しさではないかなと思います。

 

ーー反対に、大変だと感じることはありますか?

全部が全部スムーズに進むわけではないので、うまくいかないときは正直大変ですね。

ですが、それは事業においてとても当たり前のことで、PDCAを早く回し続け、100個やって1個うまくいけばいいという気持ちを持つことが大切なのかなと思います。

成長していれば必ず、停滞する「踊り場のタイミング」がきます。そこで殺伐としてしまうのではなく、いかに耐えられるかが重要だと考えています。

「No,whyではなくYes,Howで考えること」が働くうえでのポリシー

ーー小川さんは、働くうえでどんなことを大切にしているのでしょうか?

困難な道ではありますが、やりたいことに対して「どうやったら実現できる?」を考えるようにしています。「No,whyではなくYes,Howで考える」とも言っていまして。そうしないと成長できないと思っているんですよね。

スタートアップはスピード感もありますし、施策の決定から実装希望日までが短く、工数的に厳しいスケジュールのこともあります。そんなときも、なるべくやる方向で、「どうしたらやれるか」を常に考えるように心がけています。

 

ーーNOINにはどんな社員が多いと感じますか?

根性がある人が多いですね。言ったことはちゃんとやり切ろう、ギリギリまでがんばろうとする人ばかりだと感じます。

 

ーー「こんなエンジニアに入社してほしい!」というのはありますか?

自分から課題を見つけ、エンジニアリングで解決したいと考えている人に入社してほしいです。人それぞれ得意な技術はあるとは思いますが、得意なもの以外にもいろいろな技術に興味を持ち学んでいける人だと好ましいです。

一方で、事業が大きくなってきたこともあり、技術的に深掘りしなくてはいけない部分も出てきているんです。例えば、「お客様に最適なコスメをレコメンドする機能」を作るには、機械学習の知見や数学的な知識が必要です。

なので今後は、1つの技術を特化している人も必要になるのかなと感じています。両方のエンジニアをバランスよく採用できたらうれしいですね。

CTOという役職ににこだわりはない。まずはNOINを伸ばしていけたら

ーー自分の今後のキャリアについてはどのように考えているんですか?

まずは、NOINをしっかり伸ばしていくことに注力したいですね

そもそも僕、ポジションにはこだわっていないんですよ。立ち上げのタイミングでは自分のような素質を持っている人間がCTOに向いていると感じたのでやらせてもらっていますが、今後、会社を取り巻く環境によってCTOに向いている人間は変わっていくと思うんです。もちろん、自分がCTOとしてさまざまなフェーズを経験することへの興味はありますけどね。

もしCTOではなくなったときには、また新しいことの立ち上げに関わりたいと思っています。NOINに沿ったものを立ち上げられたら面白いですよね。

また、自分なりに得た事業立ち上げに関する勝ちパターンを活用し、困っている会社を助けられたら……とも思っています。これからより知見を広げていき、サポートすることでうまくいく会社を増やし、業界全体に貢献できたらと考えています。

Contact

ページの先頭へ戻る